a0008_001871

 

あなたはどう思いますか?

 

今回は、情報商材をアフィリエイトするのは悪か?についての記事です。

 

 

はじめに

 

クリック、物販、情報商材とアフィリエイトにもいろいろありますが、その中でも情報商材をアフィリエイトするのをよく思わない方がいるのは事実です。

 

それなら『情報商材をアフィリエイトするのは悪なのか?』ということを考えました。

 

 

情報商材をアフィリエイトするのは悪いと思われる要因

 

詐欺な情報商材・塾の存在により、そもそも情報商材・塾に良くない印象があるから』が一番だと思います。

 

稼げるか稼げないかは、正直本人の行動力にもよりますが、あきらかに販売ページに書かれていることと異なる場合があります。(例えば、絶対稼げると書かれていたり、中身が薄かったりなど)

 

私が今までに購入したアフィリエイト情報商材は、幸いにもそういったものはありませんでした。

 

さらにアフィリエイト系の情報商材をアフィリエイトすると、購入した人もその情報商材をアフィリエイトするので、そんな流れが嫌って人もいるかもしれません。(購入した情報商材で稼げればいいわけですが)

 

 

情報商材をアフィリエイトするのは悪?

 

私も当ブログでアフィリエイト系の情報商材をアフィリエイトしていますが、何度も思ったことがあります。

 

千万・億を稼ぐ人の中には情報商材をアフィリエイトしたり、自分で情報商材を作成して売ったりしています。しかも、情報商材は本と比べると高いです。

 

そんな情報商材より、物販(形のある商品・製品)や登録サービスなどの方が人のためになっているんじゃないかと。

 

でも、物販でも必ず成果があるとは限りませんし、結局は『購入した人が価値を感じるか』だと思いました。なので、情報商材をアフィリエイトするのは悪かどうかは購入者が価値を感じたかによります。

 

情報商材の方が成果が出なかったり、継続や値段などから悪く考えることが多いのかもしれません。

 

しかし、それよりも『価値ある情報があるのに提供しないことこそが悪』だと思います。自分が価値あると思った情報や何気ない情報が他人を助けることもあるので、自分の中だけにしまわず、ぜひ提供してほしいと思います。

 

 

情報商材を購入したくない場合

 

情報商材を必ず購入した方が良いとはいいませんが、私自身、無料でアフィリエイトをして稼げなかったから情報商材を購入したの記事で書いたように情報商材を購入したことにより状況が良くなったのは確かです。(アフィリエイト教材のおすすめランキングはこちら)

 

それでも情報商材を購入したくないなら、本を購入するか、無料オファーに登録してみてはいかがでしょうか?

 

無料オファーのノウハウもすごいのがあったりします。アフィリエイト初心者におすすめの無料オファーはこちらをご覧ください。

 

個人的に『キーワード無双』は、キーワードを意識するきっかけとなったノウハウでもあります。

 

 

おわりに

 

今回は『情報商材をアフィリエイトするのは悪か?』について紹介しました。

 

少しでも参考になれば嬉しいです。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。