ペラサイトとは?意味や定義に文字数ペラペラ作成時間も短い?

 

ペラサイトとは?

 

今回は、ペラサイトとは?意味や定義に文字数と作成時間についての記事です。

 

 

はじめに

 

ペラサイトは簡単に稼げるって目にしたけど、そもそもペラサイトって何?

 

って、あなたも思われているのではないでしょうか?

 

まず、ペラサイトは簡単に稼げるわけではないんですが、じゃあ稼げないかというと嘘です。

 

そんなペラサイトですが、意味やどこまでがペラかの定義、文字数と作成時間もペラペラでも良いのかをお伝えします。

 

すでにペラサイトに興味がありおすすめのペラサイトアフィリエイト教材を探しているあなたには、エッセンシャルアフィリエイトがおすすめです。

 

エッセンシャルアフィリエイトとは?

 

 

ペラサイトとは?意味や定義について

 

ペラサイトとは、1サイトを1ページで作成しているサイトのことです。

 

よくあるサイトは記事数がいくつもありますが、ペラサイトは1ページしかないので、意味としては記事数がペラッペラなサイトです。

 

たまに、数記事(5記事以下)のサイトもペラサイトという人がいますが、正確には1サイト1ページのみで構成されたサイトです(運営者情報は除く)。

 

とはいえ、ペラサイトなどの記事数の定義(サイトの規模感)は以下であることが多いように感じます。

 

  • ペラサイト:1~5記事
  • ミニサイト:6記事~30記事
  • ミドルサイト:31記事~100記事
  • ビッグサイト:101記事~数百記事以上

 

ただ、人によって捉え方は違うこともあるので、あくまで参考としてほしいです。

 

ちなみに、サイトだからといって必ずしもサイト作成ツールなどが必要ではなく、ブログを利用することも多いです(無料ブログを使う人もいますが、できればワードプレスが良い)。

 

ブログとサイトの違いがわからない場合、こちらをご覧ください。

 

ブログとサイトの違いを比較!選び方におすすめはどっち?

 

 

ペラサイトの文字数もペラペラ?

 

ペラサイトは1サイト1ページのサイトとお伝えした通り、記事数はペラペラです。

 

それなら文字数もペラペラで良いか疑問になるかと思いますが、文字数はペラペラ(少ない)とは限りません

 

以前であれば、500文字など1000文字以下で量産するやり方が主流でしたが、現在では通用しません。なので、最低1500文字、よく目にするのが2000文字以上のペラサイトです。

 

ただ、文字数は結局他のライバルサイトによります

 

検索結果には1ページ10件(設定を変更しない前提)しか表示されないので、いかに1ページ目に入るか、検索需要(検索数)が少ないキーワードの場合、1ページ目に入っただけではダメで上位になる必要があります。

 

検索意図とは関係ない不要な文章は、グーグルなど検索エンジンの評価を下げる可能性があるため、ただ文字をたくさん書けば良いわけではありませんが、必要最低限の情報を詰め込むだけでも2000字くらいにはなるはずです。

 

とはいえ、同じような検索キーワードを狙う場合、例えばライバルサイトが3000文字で検索者にとって全て必要だと思える文章・情報であるなら、2000文字だと少ない・情報が足りていないことになります。

 

そして、さらに必要だと思えることがあるなら、追加して5000文字になることだってあるわけです。

 

とはいっても、スマホ検索者の割合も多くなっていることから個人的には5000文字は長すぎるので、ライバルサイトによりますが、1500~3000文字がちょうどいい長さだと思っています。

 

ちなみに私が以前に作成したペラサイトの文字数は1800文字くらいです。良ければ参考にしてください。

 

ペラサイトからアフィリエイト報酬が発生!開始からの期間は?

 

 

ペラサイトの作成時間は短い?

 

ペラサイトの作成時間は短いかは、人によります

 

ただ言えることは、以前のように内容が薄い15分~30分で作成できるほどペラサイトの作成時間は短くはないです。

 

正直、サイトの新規構築や記事作成については、サイト作成の流れを手順化したり、記事構成をテンプレート化するなどして慣れれば2時間以内で終わると思います。

 

問題なのがリサーチです。

 

アフィリエイトする商品の需要だったり、ライバルの存在、実際に商品を購入する場合は入手したり使用するなどの時間、口コミなど調べる・調査する時間の方がかかります。

 

逆に言えば、自分が利用したことあるなど詳しい商品・サービスであれば、ほとんど時間をかけずに完成させることだって可能です。

 

私の場合、はじめのうちはペラサイト作成に3時間以上はかけていた気がします。

 

検索需要もあり、ライバルも結構強いキーワードを狙って10位くらいにいるペラサイトは3ヶ月かけたという人を知っていますし、新商品(つまりライバルが少ない)を狙って2~3時間程度で作成したペラサイトもあるなど様々です。

 

結局は狙うキーワードやどういうやり方をするかによってペラサイトの作業時間も変わってきます

 

有料とはなりますが私がおすすめするペラサイト教材には、商標キーワードのサイト例だけでなく、悩みキーワードのサイト例もあります。

 

しかも、販売ページにも見本となるペラサイト例もあるので、手に入れないにしても販売ページは必見です。

 

エッセンシャルアフィリエイトの詳細はこちら

 

 

おわりに

 

今回は『ペラサイトとは?意味や定義に文字数と作成時間』について紹介しました。

 

ペラサイトだからといって、必ずしも文字数が少なかったり作業時間が短いわけではありません稼ぐためには地道な努力に継続することが大切です。

 

それでも、記事数が多いサイトに比べてペラサイトははやく完成させることができるので、良くも悪くも結果が出やすく初心者におすすめではあります。

 

もし、当記事を見てペラサイト手法に興味を持ったなら軸とする教材はあった方が良いです。

 

いくつかのペラサイト・ペラブログ教材を知っていますが、中でもエッセンシャルアフィリエイトは特に良いと思える教材でした。

 

エッセンシャルアフィリエイト(西島隆弘氏)の感想レビューはこちら

 

 

LINE@で情報を受け取ろう!

主にアフィリエイトに関する情報共有や記事更新のお知らせをしていきます。

まだ途中ですが、特典もプレゼントしますので、ぜひ友だち追加お願いします。

クーのLINE@の登録はこちら

 

ブログアフィリエイトで結果が出ないあなたへ

まずは、あなたに合ったアフィリエイト教材を探してみてください。

アフィリエイト教材のおすすめランキングはこちら

 

もし、アフィリエイト教材を購入するのが不安な場合、無料教材はいかがですか?

アフィリエイト初心者におすすめの無料オファーはこちら

 

6 Responses to “ペラサイトとは?意味や定義に文字数ペラペラ作成時間も短い?”

  1. Yasunari より:

    こんにちは
    ランキングから来ました。
    ぺらサイトで儲けられるという話はよく聞きましたが
    そのぺらサイトというものがよくわかりませんでした。
    ここで詳しく聞くことができととても勉強になりました。

  2. isosi より:

    こんにちは
    ペラサイトのほうがしっかりと記事を充実させる必要があるんですね。
    参考になりました。

    • クー クー より:

      >isosiさん

      コメントありがとうございます!

      ペラサイトに限らず、
      記事を充実させる必要があります。

  3. こんにちは。
    ペラサイトのコツがわかりありがたかったです。
    私が以前作ったペラサイトの問題は
    文字数不足かと思います。
    再チャレンジしてみます。

    • クー クー より:

      >トムマンクスさん

      コメントありがとうございます!
      問題がわかって良かったです。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

アラサーの男でクーと言います。アフィリエイトで稼ぐことができるのか挑戦中です。


詳しくはこちら


ツイッターはこちら


ブログランキング参加中! 応援クリックよろしくお願いします。

LINE@で記事更新のお知らせをしています。

友だち追加お願いします。

友だち追加

このページの先頭へ