コンテンツの量が多いのが良いとはいうけれど…

a1130_000551

 

前回の記事で私の失敗談について書きました。

 

今回は、コンテンツの量が多いのが良いとはいうけれど…についての記事です。

 

 

はじめに

 

コンテンツの量が多い方が良い!

 

とよく見ます。

 

個人的にもそのとおりだと思います。

ですが、内心は違います。

 

 

コンテンツの量が多い方が良い

 

ページ順位が上がるのは以下だと思っています。(ニッチな場合を除く)

 

  • コンテンツの量が多い。
  • コンテンツの質がいい。
  • 更新頻度が高い。

 

 

更新頻度は独自ドメインの場合はまだ大丈夫だとは思いますが、無料ブログの場合は評価が下がる気がしました。

順位は下がるし、何よりインデックスされるのが遅くなる感じです。

 

他の点についてはこれ以上書きませんが、コンテンツの量は多い方がいい気がします。

記事数や記事の文字数が多い方が順位が上がりやすい気がするため。

 

記事の文字数については800文字の場合と1200文字の場合で1200文字の方が順位が良かったです。

もちろん、同じような内容ではないし、キーワードにもよる可能性やライバルの存在もあるかと思いますが、経験から文字数が多い方が良いと感じました。

 

記事数も多い方が良い気がします。

少なくても上位にいるのはライバルの存在やブログでなくサイトでの作成、良質なリンクなどがあるのかと思います。

 

 

私と同じ考え方かは別ですが、記事数が多くて文字数が多いブログってたくさんありますよね。

内心ではそういったブログは読みづらいと思っています。

 

もっと簡潔にまとめてほしいっていうのが正直なところです。

(とはいえ、当ブログもうまくまとめられてないし無駄に文字数が長くなってる気もしますが)

 

 

内心ではコンテンツの量が少ない方が良い

 

前述したとおり、評価されるのはコンテンツの量が多いブログな気がしますが、内心ではコンテンツの量が少ないブログが良いです。

 

始めの方は上手くまとめられていて良いブログでも徐々にネタがなくなり、本来必要でないことも載っているからです。

記事数に関してはまとめページみたいになっていれば問題ないかと思います。

 

 

やっぱり、文字数ですね。

個人的に2000文字を超えるページは自分が関心のあることではない限り、読む気がなくなります。

 

重要なことがたくさんあるならページを分ければいいと思うので、最低限の量の方が良いです。

 

情報商材などもたまに量が多い方がお得感があって好印象を持たれるようなことを聞きましたが、個人的にはそうは思いません。

 

本当にすごい効果があるなら別に1ページでも問題ないと思います。

ページ数が多いことでどれが本当に大事かわからないですし。

 

全て大事ですっていいますが、そうは思わないです。

 

 

まとめ

 

内心ではコンテンツの量が少ない方が良いが、コンテンツの量が多い方が良い気がする。

 

システムで見るとなるとどうしても文章の評価は難しいですもんね。

 

 

おわりに

 

今回は『コンテンツの量が多いのが良いとはいうけれど…』について紹介しました。

 

この記事も正直必要ないかもしれませんが、本心を書きたかったので大目に見てください(汗)

 

次回は『情報商材をレビューして詐欺と判断するブログ』についての記事を書こうと思います。

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました。

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

プロフィール

アラサーの男でクーと言います。アフィリエイトで稼ぐことができるのか挑戦中です。


詳しくはこちら


ツイッターはこちら


ブログランキング参加中! 応援クリックよろしくお願いします。

このページの先頭へ